FX 用語 ローソク足

ローソク足とは?
ローソク足は、為替レートの動きが一目で分かるようにした罫線のことです。 1本のローソク足には、「始値」「終値」「高値」「安値」の情報が盛り込まれていて、1日の値動きを表しています。 始値よりも終値が高かったものを、「陽線」と言い、始値よりも終値が低かったものを「陰線」と呼びます。 ※陽線と陰線は、白や黒が基本ですが、FX業者によって色が異なることがあります。 ローソク足は、形によって呼び名が変わってきます。また、ローソク足から上下に伸びた線のことを(ヒゲ)と言います。 チャートに白のローソク足(陽線)が多くみられる場合、上昇傾向を意味しており、逆に下落傾向にある相場では、黒のローソク足(陰線)が多くなります。 ローソク足とヒゲの長短によって色々な名前がついており、全てを覚えるのは大変ですが、基本的な構造を理解することで、チャートの見方に役立ちます。 関連用語 ヒゲチャートトレンド

これさえ読めば脱FX初心者!

-ら行のFX用語, ろから始まるFX用語
-