FX 用語 ストキャスティクス

2014/10/20

ストキャスティクスとは?
ストキャスティクスは、RSIと並ぶ人気のオシレーター系指標の一つです。 一定期間の価格レンジの中で直近の終値が相対的にどのレベルに位置するのかを見るための指標になります。 為替相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを見るので、逆張りに有効です。 ストキャスティクスは、「%K」、「%D」、「Slow%D」と言う3つの線で構成されていて、0~100%の範囲で推移します。 %Kと%D、%DとSlow%Dそれぞれ2本の線の動きと互いの関係を見ることで投資判断することができます。 ストキャスティクスにおいて最もポピュラーな見方が、2本の線がクロスする点を売買のサインとする方法です。 %Kが%Dを上に抜けるとき「買い」、%Kが%Dを下抜けるとき「売り」と言う風に判断します。 関連用語 RSIオシレーター系

-さ行のFX用語, すから始まるFX用語
-