FX 用語 外国為替(がいこくかわせ)

2014/10/22

外国為替(がいこくかわせ)とは?
異なる2国間の通貨を交換(両替)することを外国為替と言います。 海外旅行の時、日本円を現地通貨に換えることも、外国為替の一種です。その際の交換比率が、為替レートと言います。 また、外国為替取引を行う場所のことを、外国為替市場と言い、この市場は、電話やコンピューターを経由して24時間世界中のどこかで常に取引が行われています。 外国為替市場には大きく分けて2種類あり、1つは、銀行が顧客に対して取引を行う「対顧客市場」、そしてもう1つが銀行間で取引を行う「インターバンク市場」です。 外国為替市場の取引を細かく分類すると、実需が伴う取引、「貿易」、「資本」と、実需が伴わない取引、「投機」「資本」「公的」になります。 これらの取引によって外資は、日々交換が行われ、それによって相場は常に変動しています。 関連用語 円高・円安チャートテクニカル分析トレンド

これさえ読めば脱FX初心者!

-かから始まるFX用語, か行のFX用語
-